ホーム > 当医院の消毒・滅菌> ハイリスク患者の場合
ハイリスク患者の場合
治療前にカバーをかけます
治療後カバーを外し、捨てます

治療の際触る部分(器具、取っ手、スイッチなど)をカサ袋、サランラップ、ゴムカバー、シールでカバーする   使用後のグローブ、紙トレー、紙エプロン、バキュームチップ、コップなどを捨てる
薬液へ
チェアーの消毒

オートクレーブにかけられない物は、ステリハイド液に1時間以上浸漬させる(メガネ、鏡、エプロン用クリップなど) 消毒用アルコールをたっぷりスプレーする   さらにアルコールワッテ
で拭く
オートクレーブへ
器具類と同時にバーやリーマーなども一緒に滅菌 滅菌後タービン用バーはステリハイド液に1時間浸漬 タービン・ハンドピースなどは釜タイプで滅菌
 
 
ハイリスク患者以外の器具と共にサイド滅菌   その他のバーはステリハイド液に浸漬させながら超音波で洗浄(10分)  
 
   
パックに入れさらに滅菌   水洗後、オートクレーブ
で滅菌
 
ハイリスク患者の印象(歯の型)をとった場合